HOME > 英語いろいろブログ > 海外 > お弁当箱を英語で・・・

英語いろいろブログ

英語いろいろブログ

お弁当箱を英語で・・・

2019.09.10

9月10日なのに、真夏のお天気です。神戸の気温31度もあり、バテテおります。

さて、今月は校外学習や遠足へ行く、園や学校も多いのでは?そうなると、お弁当の準備が必要ですよね?

いつもレッスンで「 Lunch box = お弁当箱」  と”イラスト”を見せるのですが、生徒さんは不思議な顔をします。「コレ、カバンやん」「小さいスーツケースみたい」と言って皆で盛り上がっています。

日本のように、タッパー、アルミ箱、保温ジャーが主流ですが、国が違えばこんなにも違う。もちろん入れる中味も違います。

サンドウィッチを入れたり、シリアルにヨーグルトだったり、フルーツをを入れるケースもあったりで・・・。

私がオーストラリアで留学していた時、ホームステイ先のおばあちゃんは、毎日毎日ピーナッツバターかベジマイト(注)のサンドウィッチをラップにくるんで持たせてくれました。食べ疲れました(苦笑)

 

(注)ベジマイト: Vegemite https://vegemite.com.au/

酵母菌にセロリ、タマネギなどの野菜類、塩、などを混ぜ合わせたペースト。とても塩気の強い”みそ”のような感じ。私は好きですが、初めて食べる人はビックリしますよ(笑)オージーの国民食レベルです。

お弁当の中味がどうであれ、開ける瞬間の楽しみは世界共通だと思います。作られる方の気持ちになって残さず食べましょう~